HARD GEAR OFFICIAL WEB SITE

Band
1996年、当時のSABER TIGERを脱退した田中康治<g>が、同年7月、同じくSABER TIGERを脱退した礒田良雄<ds>(元SABER TIGER、SIXRIDE、DOUBLE DEALER)と共にHARD GEARを結成。
その後すぐに浅野勇人<b>(元SEA BAT)、渡辺徹<vo>(元SABER TIGER)が加入し、初期HARD GEARの体制が完成する。
以降、北海道札幌を中心に、全国的なライブ活動を展開し、デモテープ「Directrax」シリーズや、ライブビデオ等もリリースする。
浅野脱退後のベーシストとして竹内聡(元DIALL、SABER TIGER、SIXRIDE、現RED)、境周一らが加入。礒田脱退後のドラマーとして鈴木政行(元NEGAROBO、SABER TIGER、現LOUDNESS)、石岡義信が加入。更にツインリード・ギタリストとして青柳慎太郎(現SIXRIDE)が加入していた時期もある。
2002年10月、ドラマーの水野泰宏が加入し、「EPISODE OF REALISM」、「PRISONER OF THE HUMANITY」をリリース。
レコーディング・サポート・ベーシストとして三瓶朋大(元SABER TIGER、現HOWLING STAR)を迎え、ファースト・フルアルバムCD「MUDDY BLACK」を2007年4月にリリース。
2007年12月にベーシストの芦乃が加入するも、2008年7月をもって無期限の活動停止となる。
結成20周年となる2016年7月、8年間の活動休止期間を経て限定復活。復活に際し、札幌と東京で限定のワンマンライブを予定し、更にはアニバーサリーCDをリリース。

Vocal
渡辺 徹 / Toru Watanabe

田中康治<g>がSABER TIGERに加入する以前にSABER TIGERに在籍。SABER TIGER加入以前は、とおるバンバン、CAIN ABELL、VICTIMIZER等のヘヴィ・メタル・バンドで活動。1997年9月にHARD GEARに加入し現在に至る。現在、HARD GEAR以外での入手可能な音源としてSABER TIGERのアルバム「PARAGRAPH 2」がある。


Guitar
田中 康治 / Yasuharu Tanaka

1989年に札幌を拠点に活動するハード・ロック・バンドSEA BATを結成し、その後約2年間に渡ってライヴ活動を行う。その後、SABER TIGERへツイン・リード・ギタリストの一人として加入し、1996年までに作曲、ライヴ、レコーディング等で活動。当時のSABER TIGER在籍時の音源として3枚のフル・アルバム「INVATION」、「AGITATION」、「TIMYSTERY」でギター・プレイを聴く事ができ、その3枚のフル・アルバムのうち14曲は田中によって作曲されている。SABER TIGER脱退後、同じくSABER TIGERを脱退していた礒田良雄<ds>と共にHARD GEARを結成、バンド・リーダー及びコンポーザーとして活動。2009年より、再びSABER TIGERに加入し、現在までに数々の作品をリリースしている。アニソン歌手であるMELLのバックギタリストを務めた時期もあり、日本武道館や海外でのステージも経験している。


Drums
水野 泰宏 / Yasuhiro Mizuno

中学時代、友人の影響でドラムを始める。高校卒業後、進学のため、地元北海道釧路市から札幌市に上京、主にファンクや R&B等のジャンルに傾倒する。専門学校在学中にHARD GEARに加入。その後、KOTOKO、JADESTER等数々のアーティストのサポートや講師としても活躍。 2010年より、SABER TIGERに加入。


Bass
芦乃 / Ashino

中学2年の時、兄の影響でベースを始める。高校入学後、MR.BIGでのビリー・シーンのプレイに衝撃を受け、本格的にベーシストを志す。専門学校卒業後、BUTTERFLY EFFECTやGOD SILENCEにて活動。また、サポートプレーヤーとしての活動も多数行って来ている。2007年12月にHARD GEARの正式メンバーとして加入。スローテンポ系のプログレッシブ・へヴィ・メタルを得意とする。